MENU

妻の浮気調査

嫁の浮気調査は妻の携帯やスマホの解析より探偵が証拠確保。裏付けが不完全なまま、家内の密通を問い詰めてとちった事例案内。音声録音機に採録した浮気相手と嫁のあえぎ声。

 

上さんのスケジュールが不審になり、音声録音機をバックに隠し入れたりしておきました。

 

後日聞いてみると、密夫と性交渉をしているようね会話が聞こえました。

 

こういったことは断固たる根拠だと見なして嫁はんに尋問してみると、姦通を是認しました。

 

にも拘わらず、いざ男へ慰謝料主張をしようとすると、やにわに意見を曲げたのです。

 

ホテルには自分ひとりで休憩に入り、密夫とペアではないと。

 

そういうことは子供騙しだと思いましたが、弁護士に問い合わせてみても、帰するところ浮気の現場を動画撮影など記録に残しておかないと、裁判で法的に認められる姦通のエビデンスではないとの返答。

 

上さんが車内で間男と唇で愛撫していたのに・・・。

 

ワイフの帰ってくる時間が過度に遅いので、職場に迎えに行ってみたところ、当然のごとく電気が消えていました。

 

パーキングに嫁はんの軽自動車があり、なんとまあ間男と唇で愛撫をしている最中でした。

 

私は絶入しそうになってしまいました。

 

不本意なあまり、サイドドアを開いて大きな声で叱咤して、間男のビジネスカードを開示させ、慰謝料の要求をやりました。

 

けれども、後になって男の弁護士事務所から通知が来て、あなたがしてしまった行動は脅迫罪になりかねないので、ポリスに被害届を出すと告げられてしまいました。

 

しかも、車内で唇で愛撫しただけでは不倫行為にならないので、姦通の慰謝料を納める必要は無いというのです。

 

私としては尋常ではなく混乱しました。

 

奥さんが誰かとキスしている現場を見たにもかかわらず、不倫に当てはまらないなんてバカにするなと思いました。

 

結局のところ、示談でしたが、自分としては不本意な感じです。

関連ページ

妻の不倫をチェックするための探偵の選び方
妻の不倫をチェックするための探偵の選び方。万が一ワイフが密通をしていったとしても、できるだけ嫁はんと結婚生活を修復したいと考える旦那様はおられるはずです。人生をかけて、この女性を守ると思い定めて挙式をあげた人ですから、今回はゆるして、愛の絆を取り戻して修復したいと考えるご亭主は多いと存じます。