MENU

妻の不倫相手に制裁

妻の不倫相手を探偵にチェックさせて慰謝料請求で制裁。自分としては、ワイフが奸夫と卑猥なLINEのやり取りをしていて、好きだとか囁き合っていたら、それはもはや情事と決めつけたくなりますよね?。まして、家内の姦淫が気になるためにGPSで振る舞いを警戒している時に現在所在地がモーテルで留まっていたら、憤ってしまいますよね。

 

しかしながら、それだけでは賠償面で確かな不倫の裏書きになり得ないということを分かっていますか?。

 

賠償面では不貞行為をしていなければ、不義とは評決されません。

 

男と嫁さんがセックスしていて初めて、法律的な視点から姦淫と評価されます。

 

逆に、妻が男と性愛していないのに、不義だと怒って詰め寄ると、自己の方が悪化してしまいかねない。

 

根拠が不備な状況で、嫁さんの姦淫を糾弾して不意に終わった出来事案内。

 

ボイスレコーダーへ音入れした他の男と奥さんの淫乱な会話。

 

妻の不倫相手への制裁での痛い失敗

 

ママのスケジュールが疑わし気になり、音声録音機を車に入れたりしておきました。

 

後になって聴いてみると、誰かとセックスしているようね音が聞こえました。

 

これは確実な証拠だと思い込んで嫁に審問したら、姦通を承認しました。

 

にも拘わらず、いざ浮気相手に対して慰謝料請求をしようとしたら、やにわにスタンスを変化させてしまったのです。

 

モーテルに一人で行って、誰かと共にではないと。

 

そういったことは通用しないと感じましたが、ロイヤーの先生に問い合わせてみても、やっぱり不倫の現場を動画撮影など証拠資料として保存しておかないと、賠償面で確固たる姦淫の確たる証拠と判断されないとの回答。

 

嫁さんが車内で男と口づけしていたのに・・・。

 

嫁さんの帰ってくる時間が真夜中になったので、職場に赴いてみたところ、当然のごとく終わっていました。

 

駐車スペースにワイフのbmwがあり、事もあろうに浮気相手とチューをしているではありませんか。

 

それを目撃して卒倒しそうになってしまいました。

 

立腹のあまり、サイドドアを開いて激しく叫んで叱咤して、間男の名刺をIDカードを出させ、慰謝料催促をしました。

 

だけれども、1週間後に相手のロイヤーから書面が来て、私がした言動は脅迫罪に相当するから、サツに被害届を提出すると伝えられてしまいました。

 

さらには、車の中でチューする行為だけでは不倫行為に相当しないので、浮気の慰謝料を払う必要は無いというのです。

 

私は途方もなく混迷してしまいました。

 

妻の不倫相手への復讐の注意点

 

奥さんが姦夫とディープキスしている現場を目撃して、それが不貞行為じゃないとはおかしいじゃないかと感じました。

 

帰するところ、示談ということになりましたが、当方としては悔しい心境です。

 

仮にワイフの情事が突き止められたとしても、自分自身で仇討ちしないで下さい!。

 

なぜかというと、自分自身で制裁措置を与えると、あなたの立場が都合悪くなってしまうからです。

 

相手に過失があるからと言って、妻に絶叫して叱りつけてしまうと、DV(家庭内暴力)を評定されて離婚裁判に訴えられたときに途方もなく立場が弱くなります。

 

凄まじい言葉づかいで非難されたので心的外傷ストレスにかかったと診断書を医療機関で書かれて、嫁がお役所に手渡してしまいかねません。

 

でなければ、男のことを殴ってやりたいと憤怒する男性もいるのは自然な感情ですが、奸夫に身体的ダメージを与えると自分自身が罪人になってしまいます。

 

もしも暴行をしなかったとしても、大音声で怒鳴りつけてしまうと脅迫罪で訴えられる場合もあります。

 

自分自身で懲らしめを与えると、まったくしがない結末になってしまうことがほとんど。

 

奥さんと結婚生活を回復するにはどうしたらいいか?。

 

妻の不倫相手を探偵にチェックさせて慰謝料請求で制裁記事一覧

妻の不倫をチェックするための探偵の選び方。万が一ワイフが密通をしていったとしても、できるだけ嫁はんと結婚生活を修復したいと考える旦那様はおられるはずです。人生をかけて、この女性を守ると思い定めて挙式をあげた人ですから、今回はゆるして、愛の絆を取り戻して修復したいと考えるご亭主は多いと存じます。しかしながら、注意すべきは、女性の気持ちを知ってあげることです。上さんの姦淫相手に対して懲戒として高い金額...